2012年9月7日金曜日

読書は苦手です

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。


自分には似合いませんが「読書の秋」という事で、本を新たに2冊購入して読み始めました。

あんまり読書するのは得意じゃないので、毎日少しずつ読み進めています。


何事もそうかもしれませんが、「やならなきゃな~」と思うとストレスに感じてしまい、せっかく読書しても身につかない事もありますので、時間が空いた時、読みたいな~と思った時に好きな時間だけ読むようにしています。


意外と単純な人間なんで、不思議と本を読んだ後って、自分が成長したかのように感じたり、元気になったりやる気が出たりする事が多いです。

しかし、数日経つと読んだ内容を忘れてしまったり、落ち込んでしまう事も日常茶飯事です・・・

また、知識だけを詰め込んでも頭でっかちになってしまうので、出来るだけ吸収した情報を自分の言葉で話したり、行動したりと、自分なりに日常生活で外に出すように工夫しています(横文字で言うと、インプットしてアウトプットする様な感じでしょうか)。



実は、最近というか今頃気づいた事があるのですが・・・

食事や感情にしても、この「出す」という行為が、もの凄く大事なんじゃないかなと思いました。


ちょっとちょっと長くなりそうなので、次回以降でこの「出す」という行為について、自分なりの考えで触れてみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿