2012年9月10日月曜日

思い切って

自分の感情を素直に表現する事も必要かなと思います。


もちろん、時と場合にもよりますけどね。



最近では、幼少期の抑圧された感情が、色々な病気や難病を引き起こす、大きな要因の一つではないかと言われています。



人間というのは、ため込んだ物を外には出さないといられない生き物だと思います。


・息を吸ったら、息を吐く
・ご飯を食べたら、排泄する
・貴重な体験をしたら、人に話したくなる
・悲しい体験をしたら、人に聴いてもらいたくなる
・不満があったり納得いかない時は、愚痴(前向きな意見)を言いたくなる
                                                  などなど


当たり前の事ばかりですが、空気にしろ食事にしろ、息を吐いたり、排泄が出来なかったら、体調を崩したり、生命の危機へと発展してしまうかもしれません・・・


愚痴もこぼさずにひたすら我慢していたり、どんなに嬉しい・楽しい事があっても自分の胸の内にしまっておいたりしたら、疲れちゃいますし、面白くないですよね。



 とは言っても、愚痴ばっかり言っていたり、自慢話ばっかりしていたら、話を聴いてくれる相手も嫌な気分になってしまいますので、バランス良くする事がとっても大事だと思います。



言葉に出して初めて解かる事もありますし、知識や情報も実際に活用してこそ、自分の成長に繋がります。



どっちかというと自分の場合は、感情もそうですが、知識や情報も、ため込んで上手に活用出来ていない事が多いので、今後は“バランス良く外に出す”という事を行っていきたいものです。






0 件のコメント:

コメントを投稿