2012年11月16日金曜日

可能性にチャレンジ!

先日のサッカー日本代表戦、ご覧になりましたか?


14日(水)は仕事の為、録画した番組を22時位から、サッカー好きの友人“I君”とカレーを食べながら観戦しました。


対戦国オマーンのスタジアムの雰囲気は凄かったですね!
先制して追いつかれて嫌な流れでしたが、終了間際に岡崎選手がストライカーの嗅覚を働かせて、見事な動きで得点を決め勝利を収めました。


岡崎選手の動きも凄かったですが、その前の遠藤選手、酒井高徳選手の活躍も素晴らしかったです。1失点に抑えたDF陣はもちろん、ベンチ、ピッチにいる選手やサポーターなど全員の活躍があってこその勝利だと思います。


どうしても得点を決めた選手がフォーカスされる事が多いですが、サッカーやラグビー、野球などの団体競技は、それぞれのポジションにそれぞれの役割があり、チーム一丸となって勝利を目指していますよね。


守備をする選手がいるからこそ、相手からボールを奪って、攻撃する選手にボールを送る事が出来て、得点チャンスがうまれます。


サッカーで言えば、ゴールという結果の前には、味方選手との連携プレイ、ディフェンス・ドリブル・パス・センタリングをあげるなどの様々な過程を経て、初めてシュートチャンスがうまれ、ゴールを決める可能性が発生します。

当然の事ながら、そこには外的要因(相手選手のディフェンス)がありますので、毎回毎回ゴール出来る訳ではありませんので、何度も何度もチャレンジして、ゴールを目指します。



1度のチャレンジで、ゴールを決める!

こんなに素晴らしく嬉しい事はありませんし、不可能な事ではありませんが、チャレンジする回数が多ければ多いほど、ゴールが決まる確率というのは高まるのではないでしょうか!?


もちろん、適切な方法でチャレンジすることが大前提ですが・・・


ほとんどのスポーツは、試合時間やセット・ホール数などが決まっており、有限ではありませんが、定められたルールの中では、何度もチャレンジする事が可能です。

サッカー日本代表が、アジアの中でW杯出場国の常連になりつつあるのも、諦めずに何度も何度もチャレンジし続けた結果だと思います。




きっと、失敗というかイメージ通りにならなかった事なんて、みんなありますよね。

サッカーですと、パスやシュートミスをした事が無い人、
野球ですと、空振りやエラーをした事が無い人なんていないと思います。


自分自身は、イメージ通りに上手くいかない事は日常茶飯事です・・・しかし、昔ほど何かにチャレンジして失敗する事に、抵抗は感じなくなったかな~と思ってます。


何でもかんでもチャレンジすれば良いって訳ではありませんし、
これにはあえてチャレンジしない!って決断する事も大切ですよね。


これからは、社会や人様に迷惑掛けない範囲で、自分がやりたいな~と思う事に関してほどほどにチャレンジしていって、色んな可能性を発見してみたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿